忍者ブログ
Silver Rainのキャラクター、門崎・了介(b42410)他4名(酷)とその背後のブログ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[11/07 白銀恭一]
[11/06 エイゼン]
[08/02 門崎・了介(と背後)]
[06/17 霜月・蒼刃(+背後)]
[03/08 燈子]
ブログ内検索
最新TB
プロフィール
HN:
七氏の言兵衛
性別:
非公開
職業:
ご想像にお任せ
趣味:
突撃!隣の晩ご飯(何
バーコード
カウンター
フリーエリア
6 5 4 3 2 1
23 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結構暗いキャラだったんだなぁ、初期の了介って・・・(ぁ


◆生まれ

古くから続く魔術師六家が一つ、『門崎(カンザキ)』の長男として生を受ける。
が、門崎の魔術師としての才能が欠落していると判断され、戸籍から抹消されてしまう。

『門崎』はその文字の通り、次元を繋ぐ『門』を造ることに特化させた魔術の家系。
例えば次元を裂いて、その中に武器を貯蔵したり、空間転移等を得意とする。

その能力を持っていなかった了介は改めて『養子』としての形で『門崎』の姓を得るも、両親からは疎遠されていた。

そのときの了介はわずか3歳。
親からの愛情を注がれるべき期間でありながら、全くそのようなものを受けずに過ごす。

それから2年、顔から表情というものを失った了介は、修行の旅に出ていた祖父、門崎・冬扇と出会う。
冬扇は了介の心の奥の闇を見つけ、取り除こうと尽力する。孫

冬扇と過ごした修行の旅で、着実に了介は表情を取り戻す。
了介にとって、冬扇は師匠であり、両親以上の存在だった。

が、了介が15歳のとき、とうとう抑え込んでいた心の闇が解放される。
もう一人の自分、魔人と呼ばれる自分が。

暴走した力は、たった一人救ってくれた、親同然の存在の祖父をも巻き込む。
そして、ただただ周囲を破壊しつくす獣と成り果てた了介へと、誇りについて、冬扇は己の命を懸けて教えた。

PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]