忍者ブログ
Silver Rainのキャラクター、門崎・了介(b42410)他4名(酷)とその背後のブログ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[11/07 白銀恭一]
[11/06 エイゼン]
[08/02 門崎・了介(と背後)]
[06/17 霜月・蒼刃(+背後)]
[03/08 燈子]
ブログ内検索
最新TB
プロフィール
HN:
七氏の言兵衛
性別:
非公開
職業:
ご想像にお任せ
趣味:
突撃!隣の晩ご飯(何
バーコード
カウンター
フリーエリア
50 49 48 47 45 44 43 42
23 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歪んでいる

いつからだったのか


歪んでいる

それは、能力者に目覚めたときからか


歪んでいる

それとも、1人きりで部屋に閉じ込められてからか


歪んでいる

それとも、俺が生まれたときからか




違う


嗚呼、そうか

きっと

生まれるよりもっと前から決まっていたのだ


そうでなければ

自分ひとりの罪に対しての罰にしては

大きすぎると、思うから

 




―――既に、壊れていた。

それは自分という存在が生まれ落ちる以前から決定付けられていたに違いない。


無くしている。

生きたいという願望が、俺の心の何処にも存在しない。


歪んでいる。

心の底で、自らが何かを望むということすら、自分には不相応なのだと。
心の底で、享楽を実感すること自体がおこがましいのだと、強迫概念に押しつぶされて。


そして、その裏で理解している。

今【生きている】と感じるのは、祖父の【願い】によって手に入れた、借り物なのだと。
【俺】の存在を形作ったモノは、祖父の【呪い】によって具現化した、歪なモノなのだと。




俺は今頃、気づいたのだ。
誰かを愛せるほど、誰かを助けられるほど、綺麗な人間でないことを。

何を愛せるというのか。
自分自身を愛すことも出来ぬ自分が、一体どうやって誰かを愛することが出来るのか!?
何が護るだ、何が助けるだ、何が叶えるだ!自らを分かることすら出来ないというのに…っ!!


怖い。
愛する誰かに、裏切られてしまうことが怖い。

怖い。
愛することで、他の大事な人を傷つけてしまうことが怖い。

怖い。
愛する人達が、いつか自分の周りから消えてしまうことが怖い。

怖い。
愛する人達に、破綻しているこの異常な人格を、気付かれることが怖い。


気付きたくなかった。
この壊れた人格を隠す、道化の仮面を被ったまま、長い長い宿世を過ごしていきたかった。


 

俺は今、誰かを愛するということが…とても、怖い。

PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]